【部屋きめ】一泊二日で手っ取り早く部屋を決めた話




わたしは5年くらい前、スーツケース一つ持って地方から上京しました。東京で部屋を決めた日数は一泊二日。まわった不動産屋は2件です。

1日目で部屋をみて周り、2日目に決めて契約。このながれはわりと早い方だと思います。悩んでいる時間がなかったわりにうまくまとまったと思います。

その時の経験と、今ならどう部屋を探すかをまとめました。

短い東京滞在でベストな部屋を決めたい地方在住者の方!

ポイントは地方にいる時にどれだけ目星をつけるか、と不動産屋さんとの相性です

まず地元にいるときにやったこと 上京までの準備

希望の範囲を具体的にする

まず新しい職場(学校)の最寄り駅です。そしてそこへ通うための時間を決めます。

わたしは「できるだけ職場の近くで安く住めるところ

人によっては通勤に時間がかかっても安いところ、ていう人もいればお金がかかっても通勤時間を短くしたい、など様々ですよね、まずじぶんの方向性を決めておきましょう。

で、もう少し具体的にします・

できるだけ職場の近く→通勤は1時間以内

安く住めるところ→6万円後半(管理費込み)

こんな感じです。東京の地域性もよくわからないので、ざっくりこれだけ決めておきました。値段は安めに設定。相場感もあまりないので、まずじぶん基準でこのくらいって決めました。

ネットでいろんなお部屋をザッピング!

SUUMOHOMESで、上記の条件でばばばばーと探します。

ネットで探してると、なんとなく高い地域・高い設備なんかがわかってきます。夢も膨らみます。

できるだけ職場の近く→路線図から

安く住めるところ→家賃入力

あとは希望設備などにチェックいれて行くんですが、このあたりは理想で選びました。理想でいいんです。

ポイントは、内見に行きたい不動産屋さんを三つくらいに絞ること。

東京で実際に物件を紹介してくれるのは不動産屋さんなんですよね。だから不動産屋さんが大事なんです。

物件問い合わせをすると不動産屋さんから返事がきます。その文面で相性が良いと感じるところにしてくださいね。わたしの問い合わせに対する返信メールはこんな感じの印象を受ける2社でした。

• A:丁寧、会社情報や担当者の自己紹介が多い。

• B:無愛想にみえるくらい簡潔。

ここまでが地方でやったことです。午前にA社、午後にB社まわるという予定にしました。

いざ!東京で実際に不動産屋さんをまわる

さて、ここで2社ともに内見予約した物件はすでに埋まったと言われました。ネットはおとり物件とわたしは考えていたので、なんてセオリーどおり!と感心。

丁寧な印象のA社は、自己主張つよめ

まず行ったのは丁寧な印象を受けたA社。オフィスはガラス張りで路面のお店。

担当Aさんはまずわたしの予算では無理なことを説明。そして不動産業界の仕組み?みたいなものをつらつらと話はじめました。なんとかシステムっていうので不動産屋が持ってる情報はみんな同じ、その予算ではみつからないから予算あげていただかないとばかりでした。

しかたなく、会社に補助が増えないか聞いてみます、とその場を濁してA社をあとにしました。

B社無愛想にみえたけど凄腕の提案

それから向かったのが無愛想なB社。雑居ビルの3階か5階にあるお店でした。無愛想と思った担当Bさんは、すごかった。

乗り換えなしで探していた→乗り換え二駅(通勤時間は10分のびる)の地域を提案

このくらい出せばこんな部屋、という具体例を提示

路線図を見せてくれて、通勤ルートを提案したうえですごい数の物件を出してくれました。10件以上は出してくれたと思います。ここを我慢するとこうなる、を具体例で教えてくれたんです。

そこから3件に絞り込み、内見。

駅からの徒歩ルートから、近くにスーパーや病院があること、街並みまでしっかり見せてくれました。結局駅からの徒歩数が決め手になったんですが、駅からの距離に差がある物件を見比べたのが良かったです。

この駅から帰る時終電早いですよ、バスのほうが遅くまであるから覚えといてください、なんていうアドバイスも。

Bさんは選択肢を出すのがすごくうまくて、とても納得して決めることができました。

ようは話をしっかりくみ取ってくれる担当さんなのかどうか、が肝心なんですよね。

わたしは今回Bさんに問い合わせることができてとてもラッキーでした。でもいつもこういう人に当たるとは限らないですよね。できれば地方にいるときにBさんとしたような話はしておきたいもの。

次引っ越すときもいいひとに当たるかな?今ならどうするか。

わたしは今年引っ越しをしたいなと思っているので、どうしたらいい部屋をみつけられるか考えてました。

東京にいるとはいえ、あまり出歩きたくないしお店(不動産屋さん)に出向くと丸め込まれそう… と思ってます。

  • スマホでHP掲載のお部屋について気軽に問い合わせられる
  • お部屋の内見は現地集合(じぶんでふらふら歩いて周辺見たいから)

じぶんのペースで問い合わせができて、あんまり不動産屋に滞在しないで済むのが理想。

事前に好きなだけ問い合わせができ、紹介された物件で待ち合わせ、1日くらいじぶんで考えて決定、みたいな流れが最高だと思うんですけど。

4月から新生活で東京へ来る方、じっくりじぶんのペースで検討したい人は事前の希望のお部屋のピックアップと地域情報のチェックがポイントになると思います。

まず引っ越し費用ためよ!

一人暮らしはじめるならクレジットカードも作った方が良いよ

2018.01.13

ネット回線をモバイルwifi1本にした理由。女一人暮らしに固定回線はいらない

2017.12.29

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼんやりしてたら30すぎちゃいました。昇進も昇給もないので会社で頑張るのあきらめます! 人生底上げするために、ファッション・メイク・教養・複業やってます