【心屋本レビュー】OLは副業で「好きなこと」だけして生きていくきっかけをつかむべし




働き方改革がニュースになる昨今、「好きなこと」をやって生きていこうっていうハナシもよく聞きませんか?

ブラック企業に囚われて死ぬより「好きなこと」をやった方がいい…というような。

で、今のわたしはOLなんですけど、好きなことで副業やってるわけなんです。文章書くの好きなので、一応好きなことで副業できてるつもりなんです。

とはいえなかなかめぼしい収入にはならないし、と下唇噛みしめてた時に部屋にあった「好きなこと」だけして生きていく。が目に入ってきたのです。

心屋仁之助さんの本。

・いつもなんか頑張っちゃう
・我慢しちゃう
・「好きなこと」がない人

に向けた本でした。つまり頑張るOLにはうってつけ…!

「好きなこと」だけしていくきっかけに副業をする意味あると思ったので、まとめやした。

好きなことをやるためにまず頑張るをやめる

好きなことやるにしても今のまま仕事するにしても、頑張っちゃってませんか?わたしはめっちゃ頑張ってます。

第1章のしょっぱなに「あなたは頑張っても報われない」て書いてあります。しょっぱなですよ。

うまくいくには頑張らないといけない、成功するには頑張らないと、って、思いますよね。

でも頑張っても報われると、今まであったのかな?そんなこと、実感してもいないのに「頑張ってしまう」なんでかって行ったらそう教えられてきたからです。勉強も運動も、なんでもかんでも頑張れ頑張れじゃなかったですか?学校とか。その結果「頑張らないわたしに価値はない」と自分で思っちゃってるんですよね。

だからまず「頑張ること」をやめる!頑張らなくてもじぶんに価値はあるんです。それを知るためにまず「頑張ること」をやめちゃいましょう。

だから頑張って副業をしてはいけないんです。

今好きなことができる人はどこに行っても好きなことができる

P66のより引用。

好きなこと分からないって、ありますよね。

え、何がやりたいのわたし?みたいなこと。 そんな時にはまず今好きなことをやること。そして好きなことが今できるってことに気づくこと。

今、食べたいものを食べる、飲みたいものを飲む、好きな姿勢をとる。できますよね?今。さあ、やって。

副業しよ、て思う前に「OL 副業」で検索しようと思ったらできた、そういうとこに意識的に気づくってことが大事なようです。

好きなことをするには一番嫌なことをする

このフレーズが、きついなあと思いました。

ラクな生き方って「人に嫌われないようにすること」なんですよね。わたしも本当にそう。

こう言って欲しいんだろうな、これが正解なんだろうな、って他人軸でまず考えちゃう。

だからわたしの場合だと「嫌われることをする」っていちばん嫌というか面倒なんです、波風たつから。

でもそれってつまり「自分の意見を言うのが面倒」って思ってることになりません?自分の意見は二の次で、まず穏便に丸くおさめようとしちゃうんですよ。

心屋さんの場合、一番嫌だったことは「会社を辞める」だったと書いてありました。安定を捨てることですね。うーん、ハードル高い。

わたしはまだそこまで飛び込めないので、じぶんの気持ちを正直に相手に伝える。やりたくないことはやらないと口に出して言う。これが最初のハードルでした。そしてやっぱじぶんに正直になる拠り所として副業ネ。

好きなことをするために、なにが邪魔をしているか知るのにオススメ

心理学の観点から説明してくれているので、学問的にも納得です。

好きなことってなに?なにがやりたいの?ってじぶんで思うって、じぶんの今の現状に納得してないって気づいてる証拠だと思うんです。

まずなにからしよう?ってなった時、いろいろ見たり聞いたりすると思います。そんな時の選択肢の1つに心屋さんの本いいですよ。

この続き、好きなことをするコツ、もっと具体的な好きなことを見つける方法が知りたい方はぜひ読んでみてくださいね。

で、「ちょっと好き」を副業としてサービスをはじめたらなんか変わると思うんですよね。


スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です