サイト制作備忘録

アメブロ活用法。アメブロからワードプレスへの移行ポイントは2つ

こんにちは。りょうです。まえにアメブロはもうやばいっていう記事を書いたんですけど、だからってアメブロはゴミなのかというとそうじゃないんですよね。

公式サイトとアメブロ、二つを活かしていく方法を考えてみました。

アメブロのメリットをいかす アメブロ→公式サイト

アメブロはSNSと考える

アメブロだけでビジネスを支えるのはこの記事で書いたとおり、不十分です。

じゃあアメブロのメリットは何だっていうと、読まれやすさ、コミュニケーションのとりやすさ、です。

これまでの女性起業の流れから、お客様となる人はアメブロを見慣れているので読むことに抵抗はありません。

加えてアメブロには読者登録、いいね、リブログなど、Facebookに似た機能があります。

つまり、アメブロはSNS。ブログとしてではなくSNSとしてなら使えるということじゃないですか!

つちかったアメブロ記事をいかす。公式HPへご案内する。

逆にアメブロをすぱっと辞めて、ワードプレスで立ち上げた公式HPのみにしてしまうと、あなたのアメブロを読んでいた人は困ってしまいます。あなたの最新情報にたどりつけなくなってしまうので。

だからこそやりたいのが、公式サイトとアメブロをダブルで運用すること。併用するということですね。

アメブロの記事から公式サイトへリンクを貼り、読者さんを公式サイトへ誘導します。そうすることでえられるメリットは二つ

  1. お客様に新しいサイトを知ってもらえる
  2. 公式サイトに訪問者が増えることで、Googleに評価されやすくなる
  3. 公式サイトがお客様に

公式サイトにアメブロのお客様が定着していくことでサイトがGoogleに認知され、新しいお客様が呼び込まれるという好循環を狙えるわけです。まさに育てていくイメージ。

まったく同じ記事をアメブロと公式サイト両方に掲載しない

アメブロの記事をそのままコピーしてアメブロに掲載するのは絶対NG。

ダメな理由は二つ

  1. 読者さんの立場からしたら、同じ記事を見せられても面白くない
  2. Googleからコピー記事と思われ、アメブロも公式HPも評価されない

アメブロは1記事だいたい300字から400字くらい。対して公式HPに載せるべき文字数は2000字以上が望ましいといわれています。

有益な情報を載せている記事かどうかの判断基準に、「ある程度の文字数があること」も含まれているんです。

公式HPには、アメブロよりも濃くて読みやすい記事を載せることが重要なポイントなんです。

まとめ!アメブロと公式HPはダブル運用!

まとめると「アメブロはSNSとして活用しつつ、質の高いコンテンツをワードプレスで作った公式HPに掲載していく」これがベストです。

ワードプレスで作ったサイトは、効果を発揮するまで時間がかかります。はやくて3ヶ月、だいたいは半年といわれています。

だからこそはやく始めた者が勝つんです。時間と作業が積み上がっていくのがワードプレスを利用した公式HP。

くれぐれもアメブロと同じ記事を掲載してしまうことのないように、気をつけてくださいね。