オススメ!

BANANA FISHアニメ版見た 第一話感想 ありっちゃありだけど違和感ありあり

BANANA FISHがアニメ化されていました。

衝撃。壮大すぎて映画化、ドラマ化全てが無理だと言われていたあのBANANA FISHがテレビアニメですよ。

Amazonプライムで見逃し配信が出てたので早速チェックしました。

BANANAFISHとは海街diaryの吉田秋生作の漫画

初版発行:1986年
作者  :吉田秋生
出版社 :小学館フラワーコミックス

あらすじ

物語の舞台はニューヨーク。

ニューヨークの下町でストリートギャングのボスとして生きるアッシュの前で、瀕死の男か生き絶える。

その男が最後に“バナナフィッシュ”と言い残し、あるものをアッシュに手渡して生き絶えた。

それは戦争で廃人となった兄が発する唯一の言葉。

手渡されたものが何かもわからず“バナナフィッシュ”という言葉に翻弄されはじめた時、アッシュは日本人の少年・奥村英二と出会う。

英二はアッシュを狙った襲撃事件に巻き込まれ、二人は“バナナフィッシュ”の謎をおうことになるーーー。

まあわたしのあらすじより実際読んだ方が絶対面白いです。伝わらないです。

わたしがバナナフッシュを読んだのは数年前なんですが、墓場に持っていきたいベストワンの漫画です。

作者の吉田秋生先生は、映画化された海街diary、テレビドラマにもなった夜叉を描いた漫画家です。

社会問題をからめた人間の暗い部分を描き出すのがうまく、胸がキュッとなるような、切なくなるような、そんな描写に突出しています。

もオススメ。

 

アニメBANANA FISH1話感想

ビジュアルについて

いや、ビジュアルすごく綺麗。

初見の感想はビジュアル綺麗、だったんですけど、英二だけもんすごい違和感。

なんであんな可愛くしたんですか英二。

アッシュは原作の後半のビジュアルに寄せてきてて文句なしです。声も違和感ない。

英二だけキラキラして目も大きいし原作と似ても似つかん。

英二だけ声もビジュアルもすんごい違和感ある。

ストーリー

ゴルツィネもマービンもオーサーも、原作通りでなんか安心しました。

最初からゴルツィネもマービンもいるんだけど、この関係テレビでやれるの…?と一人でハラハラしてました。

設定は原作に忠実で、でも英二が違和感満載で、前半はたらたらとストーリーが進んだので続けて見ることはないかなーと思いました。

ただ後半、英二もいるところでアッシュが襲撃にあうシーン!!

アッシュの身のこなしがめちゃくちゃいい!!

ところどころ画像使いまわしてる?というような感じもあったんですが、バナナフィッシュの醍醐味の一つである銃撃や乱闘シーンがキレ良く表現されていて圧巻でした。

ただ、原作のダークさや重厚さが、綺麗なビジュアルによって薄くなってるんですよね…。

それが唯一残念。

でも第一話からアッシュの類まれな射撃スキルが発揮されていたので、とてもまんぞく(^^)

あれは見応えあった。

今後も見るぞ 新しいBANANA FISHとして楽しむことにする

アニメ版バナナフィッシュが原作と違って気になるところは、

  • ストーリーの舞台がベトナム戦争後のアメリカではなく、現代になってること
  • ビジュアルに重厚感がないこと
  • 腐女子向けっぽさがすること

この3つ。特に英二もアッシュもスマホ持ってるんですよね。これはストーリー後半をどうアレンジするかに大きく影響してくるはず…。

それでも継続して見ようと思ったのは、現代アニメの技術でアクションが綺麗に表現されているから。

そしてアッシュはかっこいいから。

原作とは別物として見るには面白いなと思ったんですよね。

アニメ版BANANA FISHは毎週木曜24:55から

遅い…!平日勤務のOLであるわたしには、とてもリアルタイムで見ることはできません泣

うちテレビもないし…

わたしが今回バナナフィッシュを見られたのは、Amazonプライムビデオで見逃し配信してたから。

Amazonプライムを契約していれば、特に追加料金がかかることなくバナナフィッシュの見逃し配信が見れるんです!

しかもバナナフィッシュの見逃し配信はAmazonプライムだけのよう。

これだからアマプラはやめられねえぜ…!

AmazonPrimeでBANANA FISHを見る

Amazonプライムは週末ビデオレンタル100円とか、お急ぎ便が使えたりと、一人暮らしには何かと役にたつサービスが満載です。