メイク

30代独女が手っ取り早く美人に見せるためにやったことまとめ 変われる?役に立つ?

防具と武器が欲しい、でも鉄を溶かすとこからなんてやってられない…!

できれば手っ取り早くそれなりに美人になりたい!と思ってネット情報をあさりにあさりまくり、お金を使ってきました。

量産系と言われるファッションが大嫌いなわたしが、あらゆる診断系ジプシーでじぶんを探し見つけた「手っ取り早く美人に近く方法」をまとめてみました。変わりたい!でもどうやって…!!と悩めるあなたの糸口になることうけあい。

じぶんに似合う色味がわかる パーソナルカラー診断

まずはパーソナルカラー。

どんな色が似合うのかがわかる診断です。

実際に色を顔の近くへ持ってきて、顔映りがどうかを調べる診断なので実用的かつ効果的。

だいたい4つのカラー(スプリング、サマー、オータム、ウィンター)のどれかに診断されるのがオーソドックスです。

オーソドックスに4つに分けられます。

スプリング(イエローベース) 高彩度・高明度 春を思わせるくすみのないあざやかな色。シルバーよりキラキラゴールド。明るい・かわいい・キュートなイメージ
サマー(ブルーベース) 低彩度・高明度 梅雨から夏の湿度で霞んだイメージの色。くすみのある柔らかいソフトな色。エレガント・上品・柔らかいイメージ
オータム(イエローベース) 低彩度・低明度 渋くて深みのある色み。落ち葉や熟したかぼちゃ、冬に向かって色を濃くした葉っぱみたいな色。リッチ・コクのある・ゴージャスなイメージ
ウィンター(ブルーベース)  高彩度・低明度 原色。雪景色に色を落としたようなアイシーカラーやモノトーン。シャープ、クリア、かっこいい・クールなイメージ

パーソナルカラー診断を受けると、上記4つのうちどのシーズンが一番似合うかがわかるんです。

これが何に活かせるかというと、ヘアカラー、メイクの色、服の色。

さらに色ってイメージがあるので、だいたいどんな色が似合うかわかるとどんなイメージに見せると似合うかもわかるという流派も。

髪(地毛)や肌、瞳の色から、じぶんを一番引き立たせるのはどういう色かを判断するから手取り早いんです。

似合うのみならず、シワ・クマがめだたない、肌つやがよく見えるというメリットが!

逆に似合わない色を身につけると、顔色がくすみ、病気っぽく見えたりクマやほうれい線がくっきりしてしまうなんて事故も起こるんです。

そんなバカなって思いますよね。

実際に診断してもらうと、顔色の変化をじぶんで見ることができるのでびっくりします。本当に色で顔色が変わるんですよ!

じぶんという素材を活かすには欠かせない診断です。

どんなイメージが似合うかわかる パーソナルデザイン診断

パーソナルカラーよりもマイナーかもしれません。

パーソナルデザインとは、イメージコンサルの一種で「どんなファッションイメージがじぶんをもっとも引き立たせるか」というファッションの方程式です。

8タイプのファッション系統のどれに当てはまるかを診断してもらうのがパーソナルデザイン。流派がありますが、オーソドックスなのは以下8タイプです。

  1. ファッショナブル
  2. ナチュラル
  3. グレース
  4. フェミニン
  5. ロマンス
  6. キュート(アバンギャルド)
  7. キュート(ボーイッシュ)
  8. キュート(ボーイッシュ)

読んで字のごとくのファッションイメージです。

これのどれがじぶんに似合うのか、ということを判断してもらいました。

見た目のイメージから、曲線系なのか直線系なのか、セクシーなのかコンサバなのか、かっこいい系なのかかわいい系なのか、詳しく教えてもらえます。

ちなみにわたしは「ロマンス」で、じぶんでは思ってもみない診断結果でした。

じぶんでは女っぽさもセクシーさも微塵も感じてなかったので、客観的に見るとそんなイメージだよって言われるのはすごく新鮮でした。あ、女っぽくして良いんだーっていう新発見。

パーソナルデザインがわかると、服が選びやすくなりますが、じぶんのなりたいイメージとかけ離れていた場合の兼ね合いが難しいところです。

SNSではパーソナルカラーとパーソナルデザインを両方受けている人が多い印象だったので両方受けました。

プロのセンスを頼れ ファッションコンサル

診断診断って気になったのは間違いないんですが、おしゃれな人ってそんなこと気にしてなくない?

と思ったので、診断系以外にもファッションサービスを申し込んでみました。

  1. プロのスタイリストとお買い物同行
  2. MBさんのメルマガを購読

どちらもパーソナルカラーもパーソナルデザインも骨格診断もみじんも気にしてません。

ちなみにわたしが今行ってる美容師も診断系は気にしないタイプ。

おしゃれとかセンスが良いって、10人いたら8人から9人が「良い」って思うスタイル、ファッションのことで、流行りが大いに関係あるわけですよね。

パーソナルカラーがウィンターだからってフューシャピンクのリップをいつまでも塗ってたらただのバブリーです。あだ名がバブリーになります。

というわけでプロのスタイリスト山本あきこさんにお買い物同行を頼み、PDロマンス、PCウィンターには難しいとされるカジュアルなファッションを選んでもらいました。

山本あきこさんは著書も読むだけでセンスが身につくので必読。

おしゃれの法則と着こなしを読んで勉強

この対面サービスの他に、ンズファッションを理論的に解説しているMBさんのメルマガを購読。

メンズファッションの人なのですが、どうしたらおしゃれに見えるのか、ということを理論に起こしてるんです。

抜け感、とか、とろみ、シューズは外して、とか、小物でファッションに勢いをつけるとか退屈に見せないとか、こういうまだるっこしい表現っておしゃれセンスない人にはサーーーッパリ意味わからないんですよ。

ウケをねらってるのか、というぐらい表現が独特じゃないですか?

ニットならではの穏やかな風合いがラッフルの優しげな表情となじむ。

引用:日経ウーマンオンライン

…。再現しづらいんですよ、表現が。

それに比べて再現しやすいし何を選ぶべきかもわかりやすかったんです。

何をどうしたら誰もがおしゃれに見えるのか、をきちんと言語化・視覚化しているのでレディースでも十分活かせる情報でした。

メルマガで毎月課金はやだなーって人は以下の本が教科書的でおすすめです。

もっと手っ取り早く メイクレッスンをうける

美人ですっぴん風な人入るけどガチのすっぴんっていないんですよね。

メイクはアラを隠し美人風に見せるのに欠かせないテクニックです。本やYouTubeでメイクを研究したりもしましたが、やっぱりプロに教えてもらおう!ということでカマタメイクアップスクールへ行ってきました。

カウンターと違って、メイクスクールは商品を買わなくてもいいところが気持ち的に楽。

そこでわかったのは、

  • 万人うけするのはゴテゴテメイクではなくてナチュラルに作り込んだメイク。
  • スキンケアで肌を綺麗にするのが一番手っ取り早い

という2点でした。

スキンケアからベースメイクをしっかり丁寧に作り、眉毛に時間をかける、アイメイクやリップは仕上げっていう感じでした。

プロにもらうアドバイスは本当に手っ取り早い。

レッスン詳細レポ
▶︎カマタメイクアップスクール(表参道)でメイクレッスン!キレイになれたのか!?

このレッスンからクレンジングに目覚めた
▶︎スキンケアのためにオイルクレンジングを見直し
▶︎アトピーがDUOザクレンジングバームを試してみた 乾燥毛穴に効果はあるか

さらに手取り早く 湘南美容で美肌レーザー

パーソナルカラーやメイクレッスンで、土台となる肌が綺麗ならさらに盛れる!とわかりました。

それでクレンジングから見直したんですが、スキンケアって結果出るまでに時間がかかります。

老化で劣化していくスピードの方が早いんじゃない??という恐れと、早く肌をキレイにしたい!という思いから美肌レーザー治療をはじめました。

湘南美容だとフォトRFが安かったんで、1回試しに打ってから5回契約。安かったので脱毛6回1000円も追加。

肌が白けりゃ七難隠すっていうじゃないですか。肌です、肌。

即効性なら化粧水やクリームにお金かけるより美容レーザーですね。

初訪問時レポ
▶︎湘南美容デビュー 最安キャンペーンメニューだけでも大丈夫?初訪問を徹底報告します

常にアクセサリーつけていられるようにピアスあけた

婚活してた時、イヤリングをしてファーストコンタクトに向かっていました。耳元にアクセサリーがあるかどうかって、ネックレスより見た目に影響するんですよ。

年取るほどアクセサリーないと顔まわりが死にます。

そしてPDやPC診断を受けたことで、顔周りに色をおくと美人効果が高いことを知ったんですよね

顔に近いぶん耳元のアクセサリーは必須だと実感してたんですが、イヤリングって痛いんです。

1日はとてもつけてられないし、ゆるくすると落ちてしまう。挙句大きめなイヤリングは重みで余計落ちやすくいからキツく挟まなくては行けなくて、痛い。

というわけで一念発起してピアスをあけました。

ピアスはまじで楽だしおしゃれ。ピアスあけてから毎日アクセサリーつけるようになりました。

ピアスは病院で
▶︎ピアスは皮膚科で開けるべき ケチなわたしが高くても皮膚科でピアッシングしたわけ

ピアスホールのケアは必須
▶︎【セカンドピアス必須】金アレ防止!キレイなホール形成!で選んだ素材はこれだ

似合う×普遍的なファッションセンス×肌=美人

パーソナルデザインもパーソナルカラーも、それだけに頼り切るのはかえって小ダサいイメージになりかねない、というのがわたしの結論です。

パーソナルデザイン、パーソナルカラーに加えて、雑誌や実際のお店で今どんなスタイルが流行っていて、どんなのがおしゃれなのか、を把握しつつじぶんに反映させていくという工程が必要なんじゃないかなーと思います。

そして肌や髪の手入れ

実際服買って物増やすのも面倒っていう人は、じぶんに似合う傾向と世間のおしゃれを掛け合わせ、かつスキンケアやヘアケアに手をかけるのが一番近道です。