お金のこと

独身OL老後のために仮想通貨はじめる。口座開設と入金まで【coincheck版】

最近話題の仮想通貨…。実は2017年4月くらいから気になってたんです。そしてやらずに年末

…やってたらわたし、すごいことになってたのに。

でもまだイケると思うんです。30代から仮想通貨で資産形成したら老後安泰じゃね?という目論見から2017年滑り込み!仮想通貨の取引所、coin checkで口座開設、入金まで済ませました!

  • 仮想通貨はじめてみたい初心者
  • どこで口座開設したらいいのか
  • まず本で勉強したい

そんな人にcoin checkおすすめです。

まず仮想通貨とはなにか知りたかった

あれは5月のことでした。わたしはこんな本を買ってそのままにしていました。

5月の時点で「いまさら聞けない」って、同年12月になってますます「いまさら聞けない」状態になってるんですが。まさかいつまでたってもいまさら聞けない状態にいるなんて思いもしなかったです。

そんでこの本買う人って、いつ読んでも「いまさら聞けない人」ですよね。タイトルつけた人がすごい。

で、さらさらーと読んでざっくり理解。

  • ビットコインが仮想通貨であること
  • ブロックチェーンは技術のこと
  • “取引所”で仮想通貨の売買ができる

この程度のことを頭に入れ、いざ口座開設です。これ以上は実際やらないとわからないな、と思って。

5月からの半年、なんだったんでしょうね。

最初に選んだ取引所 coin checkで口座開設したわけ

本の著者がcoin checkの人だったからです。

「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」は2017年3月発行の本なんですが、そのころの本屋さんでは、仮想通貨の本ってこれ以外に見当たらなかった覚えがあります。Iotとかブロックチェーンについての本はあったけど、ビットコイン!とタイトルにいれた本はこれしかなかったのでパッと手に取った、はずなんですよね。

なんでそのまま投資しなかったのか(頭痛)

つまりうまく行ってる仮想通貨取引所の人が本を出している→手堅いに違いない。こういう思考回路。

他にもビットフライヤーやZaifなど、取引所はたくさんあり、取り扱いコインが違ったり積立ができたりとそれぞれ違いがあります。

coin checkは本を読んでいたことにくわえて「coin checkは初心者向き」というネット情報もあり、まずはcoin checkで開設し後から口座増やそう〜という魂胆で決めました。

coin checkの口座開設のしかた

本人確認書類の写真、セルフィーの写真データをアップロードして提出

名前や住所やらを入力するだけで別段むつかしいことはない、と言いたいんですが、一つだけむつかしいことがあります。それが

自撮り。

自撮り、セルフィーの提出が必須なんですが、わたし3回却下されました。本人確認書類(免許とか保険証とか)を本人が持っている、という構図で自撮りするんですがiPhoneが良かれと思ってわたしにフォーカスするんですよ。

coincheckのサイトでは”本人確認書類に焦点をあわせてください”て書いてあるので、そっちに焦点あわせたいんです。なのにiPhoneがわたしに…!

見栄はってビューティプラスでも撮ってみたんですが、見事に文字が白飛びしました。住所がよめない。

夜な夜な自撮りを繰り返した末にわたしが得た撮影スキルは、顔の横に本人確認書類もつんではなくて、顔の上に本人確認書類を持つ、でした。かかげて。かかげる感じで持ったら、なんとか書類の字も読める状態で撮れました。

本人確認がすんだら書留郵便のハガキをうけとる

本人確認の差し戻しメールがなく、「本人確認書類の確認が完了しました」というメールがcoinCheckさんからきたら、あとは書留で送られてくるハガキをうけとります。

受け取らないと本人確認が完了にならず、取引ができません。

ただ、ハガキ発送と書留番号、ハガキがもうすぐ着くよ!とこまめにメールでお知らせがあるので、受け取りにやきもきすることはありませんでした。気が利いてます。

よし入金だ!その前に入金方法を確認したよ

入金は大きくわけて銀行振込みとクイック入金、クレジットカードがあります。ドル入金や海外からの銀行振込みなんてのもありますが、それはちょっと置いといて庶民なOLにとって現実的な入金方法で検討します。

おすすめは銀行振込み(日本円)

理由は入金手数料(コインチェック 側がうけとる手数料)が無料、入金反映がわりと早い(最短当日・遅くて翌日)、という2点です。

ほかの入金方法のデメリットはこんなかんじ

  • クイック入金→入金手数料かかる(数百円)
  • クレジットカード入金→入金反映までに一週間ほどかかる 手数料10%前後かかる

断然振込みが良いです。

振込み先銀行は、りそな銀行、住信SBIネット銀行。住信SBIに口座があれば一番はやくて振込み手数料もかからないのでおすすめですね。わたしは今のところは大和ネクスト銀行です。月3回までは振込み手数料が無料なので今回の入金も問題ありませんでしたヽ(´▽`)/

セキュリティのために二段階認証は必須!

入金したらお金を預けてある状態なので、セキュリティはしっかりしておきたいです。それが二段階認証。

二段階認証でcoincheckにログインする手順は以下。

  1. ID・PWを入力
  2. スマートフォンのアプリで表示されるコードを入力
  3. ログイン!

と、ログインに一手間かかるようになるんです。簡単にいうと、じぶんのスマートフォンがないとログインできない設定にするっていうこと。

コインチェックでは二段階認証を設定することで30,000Satoshi(0.0003BTC)が貰えますヽ(´▽`)/ セキュリティのためにも絶対しておきたい設定です。

(※2018年1月1日時点で30,000Satoshキャンペーンは継続していますが、終了期間が未定です。ということはいつ終わるかわかんないので、気になってる人は早めの登録をおすすめします)

コインチェックは取扱通貨の1つNEMの顧客資産が流出しました。大々的なニュースになったので知っているかたもいると思いますが、今はコインチェックでの口座解説はやめといたほうがいいです。

あとは買うだけ。

2017年度末、値動きがはげしく、そしてどのcoinを買うかでも悩んでしまいます。

取引所の口座解説は今めっちゃくちゃ混んでます。CMもはじまったし、電車の中吊りでも広告を見るようになったので、今が時なんでしょう。

わたしは2月はじめにzaifの口座開設申請をしましたが、未だ本人確認審査が終了しません。ちなみにcoincheckはだいたい1週間強で開設できました。自撮りのやり直し3回やっても一週間です笑

まず仮想通貨やってみよう、というときはcoin check口座だけでも開設しておくのがベストです。買い!と思った時に口座開設からやっていては、タイミング逃しちゃいますからね。

いざ購入したらまた内容をまとめたいと思います。それではまた!

買った途端に暴落し半分以下になったので、その記事はまた後日♪