サイト制作備忘録

ブログ・Web記事 内容を効率的に伝える方法

復習のために、まとめます。どうしたら伝わりやすい構成でかけるのかお悩みでしたら是非。一月68万稼ぐWebライターから聞いてきた話なので、わたしも身につけるために記事にしてます。

Webの読者はどんな特徴があるか まずターゲット確認!

せっかちな中学生と思え

Webで記事を読む人は本当にせっかちだということを忘れないこと。わたしもそうだけど、長いと読まない、なにが言いたいかわからないと飛ばす。

スマホで読む人はながら読みが基本。食べながら、通勤中、テレビ見ながら、とか、何かしながら読んでるんです。

つまり、相当にわかりやすく、ポイントを絞った書き方をしないと読者の頭には残らないんです。

最初に結論 最後も結論 で言いたいことを繰り返す

PREP法と列挙法

二つの方法があり、それぞれの特徴はこんな感じです。

  • PREP法 Point Reason Example Pointの順に書く方法。 狭く深くに向いた方法
  • 列挙法 事例A 事例B 事例C と内容を列挙する方法

この二つを組み合わせて、記事を書いていくんです。PREPは最初も最後もP。つまり最初と最後に同じキーワードを入れることで、キーワードも強くなりSEO的にも強くなるんです。

読者はせっかちな中学生。PとRで最初に結論をもってきて、最後のPでダメをおす。

中学生にPでダメ押し、で覚えましょう。

PREPと列挙をを組み合わせる

列挙をどこに入れるか。PREPのEのところです。

例文をあげて見ますね。

  • P 魚はおいしい。
  • R 生でも焼いても煮ても美味しいから
  • E   (ここで列挙)
    • さば
    • サーモン
  • P   だから魚はおいしい。

こんなかんじです☆

この記事の構成は…?

これ、構成はPREPではないです。列挙はそこそこ組み込んでますが。この記事は見出しだけである程度内容がわかるように意識しました。どうかな?